柳沢京子ウェブサイト

京子のアルバム

アトリエで作業中の柳沢京子

過去のお知らせ・コラム

2017年01月分
2016年12月分
2016年10月分
2016年09月分
2016年08月分
2016年06月分
2016年03月分
2016年02月分
2016年01月分
2015年12月分
2015年11月分
2015年10月分
2015年09月分
2015年08月分
2015年07月分
2015年06月分
2015年05月分
2015年03月分
2015年01月分
2014年12月分
2014年11月分
2014年10月分
2014年09月分
2014年08月分
2014年07月分
2014年06月分
2014年05月分
2014年04月分
2014年03月分
2014年02月分
2014年01月分
2013年12月分
2013年11月分
2013年10月分
2013年09月分
2013年08月分
2013年07月分
2013年06月分
2013年05月分
2013年04月分
2013年03月分
2013年02月分
2013年01月分
2012年12月分
2012年11月分
2012年10月分
2012年09月分
2012年08月分
2012年07月分
2012年06月分
2012年05月分
2012年03月分
2012年02月分
2011年12月分
2011年11月分
2011年10月分
2011年09月分
2011年08月分
2011年07月分
2011年06月分
2011年04月分
2011年03月分
2011年02月分
2010年12月分
2010年11月分
2010年10月分
2010年09月分
2010年08月分
2010年05月分
2010年04月分
2010年03月分
2010年02月分
2010年01月分
2009年11月分
2009年09月分
2009年08月分
2009年07月分
2009年06月分
2009年05月分
2009年04月分
2009年03月分
2009年02月分
2009年01月分
2008年12月分
2008年11月分
2008年10月分
2008年09月分
2008年07月分
2008年06月分
2008年05月分
2008年04月分
2008年03月分
2008年02月分
2008年01月分
2007年11月分
2007年10月分
2007年09月分
2007年08月分
2007年07月分
2007年06月分
2007年05月分
2007年03月分
2007年02月分
2007年01月分
2006年12月分
2006年10月分
2006年09月分
2006年08月分
2006年06月分
2006年05月分
2006年04月分
2006年02月分
2005年12月分
2005年11月分
2005年10月分
2005年09月分
2005年08月分
2005年07月分
2005年05月分
2005年04月分
2005年02月分
2005年01月分
2004年12月分
2004年10月分
2004年09月分
2004年08月分
2004年07月分

お知らせ・コラム

最新のお知らせ・コラム

2017.01.19

春よ来い、恋。

今日は、大雪から晴れの一日が過ぎ、さらに気持もよくなってきました。そうしましたら、町田市に実った晩白柚(ばんぺいゆ)を届けてくださったのです。町田市から。
一気に私のアトリエは、春よ来い、になりました。
九州に勤務した記念に、この大きな実の成る樹を、自宅の庭に植えたそうです。多分、北限でしょうね、と言っていましたが、これが枝に成っているとは、その枝が、いかにしなやかか、です。重いから、しなっていますよ、確かに、と笑っていました。道を通る方々が、ピンポーン、と質問をされるそうですよ。ああ、ありがとうございました。
さあ、私も黄金の大玉にあやかって、パツンパツン,張り切ろう。

2017.01.19 柳沢京子

2017.01.16

長野灯明まつりの灯り絵

2月11日から開幕する第14回灯明まつり。灯り絵のきりえを創って小学生の参加が増えていてうれしい限り。山王小学校6年生は、もう、トレーニングのきりえ体験も出来、頑張って出品してくれるばっかりです。篠ノ井西小学校の6年生の皆さんには、今年のテーマであるアンデルセン童話、そのデンマークとの交流、この国との一校一国運動からの継続で、多くのお力をお借りすることになっています。鍋屋田小学校へも、明日きりえ教室に伺います。ぜひ、このように、長野市の冬季オリンピックを開催した記念を次世代へも引き継げる祭典として、多くの子どもさんのご参加を期待しています。きりえは、引き算のアートだよ、と話すと、ああ、そうか、と納得してくれます。

2017.01.16 柳沢京子

2017.01.12

あけましておめでとうございます。

もう、12日になってしまいました。ふるさと365日の絵に合わせた小さな文章などを、見直す必要になり、その作業を暮れからお正月、ずっと。左肩がコリコリになりながら昨夜で終わりました。
そして今日は、山王小学校の6年生ときりえ教室をしました。「なるこユリ」のきりえバイエルを、色の紙に打ち出して、トレーニングをしてその後、灯明まつりの行灯を出展します。今年のテーマは、アンデルセン童話となっています。人魚姫、醜いアヒルの子、裸の王様など、絵が創られようとしています。
中央通りの行灯になって、灯が点ると、美しい冬の長野市をその童話が、またどんな話を語り明かすのでしょう。他の小学校からも、たくさんの行灯が絵で埋められます。まだ、街に雪が積もりませんが、2月11日〜の灯明まつりには、ほどほどの雪をください。行灯に降る雪は、灯に刻まれた主人公たちを、もっともっとお喋りにさせるでしょうから、雪、どうしてもお願いします。

2017.01.12 柳沢京子

2016.12.03

師走3日

早い。師走になり、もう3日。野沢菜漬けもしなくなって、もう長い。冬支度は、落ち葉や風知草、茅の枯れ葉を刈り取り、そして薪をしっかり積み込むことが、一番の大事なことになっている。住まいのフロアでは薪ストーブを焚く。佐久市春日から運んでもらう薪は、特に今年は良質。一本を眠る時に入れると、朝までその温もりが残っていて、赤い。週末は、そのまま、また焚くことが出来るから、それがうれしい・・・。週日は、アトリエに7時には、ペレットストーブを着火することになっていて、そうすると9時には、部屋が暖まっている。このペレットは「地球温暖化防止」に向おう、という国の掛け声で推奨されたので、年々価格が安くなるかと思いきや、全く変わらず、今年から一袋100円の助成もなくなってしまった。見通しの甘いエネルギー政策に苦情を言いたいのだけれど、仕事場の模様替えをして、熱効率の良い位置で仕事をするように工夫したことで、この悔しさを笑顔に変えた。この冬を明るく乗り切るぞーーー。頼むよ、ストーブたち!

2016.12.03 柳沢京子

2016.10.11

10月も半ばに。

10月2日には、105歳日野原重明先生のフォーラム。840人ものご来場、ありがとうございました。佐久総合病院の創始者若月俊一先生と、日野原先生がこんなにも共通点を持った、医学界の双璧であったとは、意外な講演を夏川周介先生が展開されました。その日本舞踊にも、会場中が、魅了されたのです。日野原先生は、ますますお元気で。長野になら、また来ます、とのお言葉が残されました。深謝この上無しの健康に元気をいただきました。
コカリナの黒坂黒太郎ご夫妻の演奏も、会場中の誰の心をも、洗い流して清々しくしてくれました。来年春4月の演奏会は、私もお手伝いをさせてらうことになっています。乞うご期待。
それが終わって、私は、北御牧の天空の芸術祭に参加。ここの出身の保科豊巳さんは東京藝大の副学長になり、多くの責務を背負っています。この一帯が芸術を生み出す原動力になる、と確信し、この天空でアートフェスティバルをスタートさせたのです。芸術むら公園の憩いの家に、作品を運びました。初期からの「きりえ」を。あの「むら」のとなりで生まれた私は、その自然を「いのち」にしみこませて貰って、今を生きています。
この御牧が原と八重原の台地は、まさに天空です。そこが、多くのアートで、台地ごと魅了します。お出かけください。

2016.10.11 柳沢京子

前のページへ戻る

build by phk-imgdiary Ver.1.22