柳沢京子ウェブサイト

京子のアルバム

アトリエで作業中の柳沢京子

過去のお知らせ・コラム

2018年11月分
2018年08月分
2018年06月分
2018年05月分
2018年04月分
2018年03月分
2018年02月分
2017年12月分
2017年11月分
2017年10月分
2017年09月分
2017年08月分
2017年06月分
2017年04月分
2017年03月分
2017年02月分
2017年01月分
2016年12月分
2016年10月分
2016年09月分
2016年08月分
2016年06月分
2016年03月分
2016年02月分
2016年01月分
2015年12月分
2015年11月分
2015年10月分
2015年09月分
2015年08月分
2015年07月分
2015年06月分
2015年05月分
2015年03月分
2015年01月分
2014年12月分
2014年11月分
2014年10月分
2014年09月分
2014年08月分
2014年07月分
2014年06月分
2014年05月分
2014年04月分
2014年03月分
2014年02月分
2014年01月分
2013年12月分
2013年11月分
2013年10月分
2013年09月分
2013年08月分
2013年07月分
2013年06月分
2013年05月分
2013年04月分
2013年03月分
2013年02月分
2013年01月分
2012年12月分
2012年11月分
2012年10月分
2012年09月分
2012年08月分
2012年07月分
2012年06月分
2012年05月分
2012年03月分
2012年02月分
2011年12月分
2011年11月分
2011年10月分
2011年09月分
2011年08月分
2011年07月分
2011年06月分
2011年04月分
2011年03月分
2011年02月分
2010年12月分
2010年11月分
2010年10月分
2010年09月分
2010年08月分
2010年05月分
2010年04月分
2010年03月分
2010年02月分
2010年01月分
2009年11月分
2009年09月分
2009年08月分
2009年07月分
2009年06月分
2009年05月分
2009年04月分
2009年03月分
2009年02月分
2009年01月分
2008年12月分
2008年11月分
2008年10月分
2008年09月分
2008年07月分
2008年06月分
2008年05月分
2008年04月分
2008年03月分
2008年02月分
2008年01月分
2007年11月分
2007年10月分
2007年09月分
2007年08月分
2007年07月分
2007年06月分
2007年05月分
2007年03月分
2007年02月分
2007年01月分
2006年12月分
2006年10月分
2006年09月分
2006年08月分
2006年06月分
2006年05月分
2006年04月分
2006年02月分
2005年12月分
2005年11月分
2005年10月分
2005年09月分
2005年08月分
2005年07月分
2005年05月分
2005年04月分
2005年02月分
2005年01月分
2004年12月分
2004年10月分
2004年09月分
2004年08月分
2004年07月分

お知らせ・コラム

最新のお知らせ・コラム

2018.11.10

落葉は、ゴミ?

今朝、車で家を出て、先ず目に入ったのが、落葉でした。毎日、大きな袋に詰めていますが、またそれ以上に散っています。でも、散っていない紅葉も、まだまだ充分美しい秋の風情。この美しい黄色からオレンジ、赤、深紅、ピンク、芥子色・・・この色目は
紅葉でこそ。落葉くらいの後片付けは、喜んで、と思って、道を走ってびっくり。
西に向かっていつも、季節を知らせてくれていた神社の柳の大木が無い。ああ、伐られたんだ、と気がつくまでにちょっと時間を要しました。当たり前に有った景色が消えました。伐られた理由は何だったんでしょう。

2018.11.10 柳沢京子

2018.11.07

音楽会から得る感激に感謝。

鍋屋田小学校の音楽会に、今年も聴きに行くことが出来ました。こどもたちの演奏は、熱がこもっていて、どんなエンターテナーにも負けません。1年生の孫たちも、合唱と合奏で感動をくれました。4年生の孫たちは、大きな張り切った声は、もちろんだけど、小さな声に聴き入って欲しいと先に言われていましたから、そこに注目しました。
そして、今年の圧巻は、先生たちの「花は咲く」でした。日本を襲った災害の場面を再認識させてくれる映像、そしてメッセージ。とかく、忘れがちになる私は、感動で涙が出ました。ああ、この先生たちに守られている生徒は幸せだ、としみじみ思えたのです。その後、校長先生からいただいたお手紙にあった、東北の災害陣頭指揮をとられた斎藤幸男先生の言葉を私も心に刻みました。
「あの大災害の渦中で、被災した大人たちに元気と前に進む勇気をくれたのは生徒たちだった。生徒を育てるのは生徒である。教師を育てるのも生徒である。学校をつくるのは生徒である。」

2018.11.07 柳沢京子

2018.08.03

火星は、良く光って。

昨夜、寝つかれないまま、開けたままの窓を見ると、上弦の月が西に沈もうとしていました。オレンジがかった黄色でした。今夜の火星は、と起き上がって窓から南の方を見上げましたら、まだ美しく輝いて、存在は大きいです。あまりオレンジ系の黄色ではありませんでした。今夜行くはずだった池袋の芸術劇場のコカリナコンサートを、想いました。もう、終わって2時間以上経っているかなあ、ああ、聴きたかったなあ、と。
さくら国際高校東京校のダンス部が出演し、きっと奇跡の一本松から産まれた布を纏って舞わせて貰ったはずなのです。
練習をどれほどやるのでしょう、あそこまで達するには。猛暑なんて、言っていられない・・・・。すっかり意気地が無くなってしまったた自分に悲しい慰めを、自分で言いながら、涼しい風が運んで来てくれた眠気を素直に受け入れました。グー、グー、グー
今日は、一日、「いのちいろはかるた」が冊子になる原稿の校正に熱中しました。

2018.08.03 柳沢京子

2018.08.02

8月の展覧会は、安曇野と長野。

かんてんぱぱ安曇野店のギャラリーで、8月10日〜19日まで。ながの東急美術サロンは、8月30日〜9月5日まで。昨年からはじめた「わが家の守り、のゝさま展」を開催します。自然への賛歌になっています。今日案内状を送り出しました。
今年の夏の猛暑や豪雨の異常さは、地球がおかしくなっているとしか思えません。そんな時には、天に向かって、月に祈ります。私たちが、温暖化にストップを掛けるためには、気を付けなければならないことがたくさん有ることは判っています。わずかなことしか出来ていません。でも、月、そう、のゝさまに、お願いしてしまいます。地球の自然現象が異常では困ります、お守りください、と。
昨夜10時ころの月は、西に沈みかかっていました。欠けていました。もう、逆走の台風は困ります、とだけ祈りました。火星は、1番近かった夜から2番目でしたが、まだ南東に輝いていました。オレンジがかったの黄色でした。

2018.08.02 柳沢京子

2018.06.30

決勝トーナメントに行ける。

サッカーのポーランド戦は、別のチャンネルのコロンビアとセネガル戦がゼロ対ゼロの戦いだったので、あと1点は、必ず取れる、行って、行って、と声援を送っていました。追いつく技を持っているんだから、同点にしてくれるはず、とーーー。
あ、コロンビアが1点入れた、となった瞬間、うちの話も、このままでいた方が、間違いなく行けるんだよ、決勝トーナメントに。と言うんですね。
えーーっ、1点取りに行けるよ、日本なら、と言っている間に、画面はもう、パス廻しになっていました。残された時間の長かったこと。もう、セネガルが1点入れたら、お終いだーーーと、そこに集中。こんな勝負もヤムを得ないこと、学びました。
前に勝っても、行けなかったことがあったんだよ、と聞かされながら・・・・
ああ、そう言えば、2002年、私は手遅れになりそうだった盲腸で入院中、サッカーのおかげで明るい入院生活だったことを思い出しました。その時、ベルギーとは、2−2の引き分けだったこと、新聞で知りました。跳ね返せ、勝てるよ!!!

2018.06.30 柳沢京子

前のページへ戻る

build by phk-imgdiary Ver.1.22