柳沢京子ウェブサイト

京子のアルバム

アトリエで作業中の柳沢京子

過去のお知らせ・コラム

2016年03月分
2016年02月分
2016年01月分
2015年12月分
2015年11月分
2015年10月分
2015年09月分
2015年08月分
2015年07月分
2015年06月分
2015年05月分
2015年03月分
2015年01月分
2014年12月分
2014年11月分
2014年10月分
2014年09月分
2014年08月分
2014年07月分
2014年06月分
2014年05月分
2014年04月分
2014年03月分
2014年02月分
2014年01月分
2013年12月分
2013年11月分
2013年10月分
2013年09月分
2013年08月分
2013年07月分
2013年06月分
2013年05月分
2013年04月分
2013年03月分
2013年02月分
2013年01月分
2012年12月分
2012年11月分
2012年10月分
2012年09月分
2012年08月分
2012年07月分
2012年06月分
2012年05月分
2012年03月分
2012年02月分
2011年12月分
2011年11月分
2011年10月分
2011年09月分
2011年08月分
2011年07月分
2011年06月分
2011年04月分
2011年03月分
2011年02月分
2010年12月分
2010年11月分
2010年10月分
2010年09月分
2010年08月分
2010年05月分
2010年04月分
2010年03月分
2010年02月分
2010年01月分
2009年11月分
2009年09月分
2009年08月分
2009年07月分
2009年06月分
2009年05月分
2009年04月分
2009年03月分
2009年02月分
2009年01月分
2008年12月分
2008年11月分
2008年10月分
2008年09月分
2008年07月分
2008年06月分
2008年05月分
2008年04月分
2008年03月分
2008年02月分
2008年01月分
2007年11月分
2007年10月分
2007年09月分
2007年08月分
2007年07月分
2007年06月分
2007年05月分
2007年03月分
2007年02月分
2007年01月分
2006年12月分
2006年10月分
2006年09月分
2006年08月分
2006年06月分
2006年05月分
2006年04月分
2006年02月分
2005年12月分
2005年11月分
2005年10月分
2005年09月分
2005年08月分
2005年07月分
2005年05月分
2005年04月分
2005年02月分
2005年01月分
2004年12月分
2004年10月分
2004年09月分
2004年08月分
2004年07月分

お知らせ・コラム

最新のお知らせ・コラム

2016.03.13

三月も半ばに

この誕生日朔日を目処に、スマホが私の手元に来ました。あんなに便利にケイタイを使えていたんだから、その分野を使うのであるなら、壁はないだろう、とちょっとタカをくくって、店に入ったのでした。付き添いが2名。さて、説明が始まるにつれて、私の体調がおかしくなっていきました。ことしは風邪も引かず、元気だと思って来たのに、その店でムクムクと変調を来していきました。
しかし、この付き添いが今後の指導者になるんだから、と機種決定し、契約。長居は無用で帰宅。ああ、触っただけで何かが始まるし終わるので、この文明の利器がコワい。コールがあり、電話に出ることひとつとっても、触るのではなく、その部分をズラすのだ、に到達するだけで2日掛かって理解が出来たありさま。まあ、うわさ通り電話だけなら、スマホでなくてよかった、とまだ2週目をさまよっています。
安茂里の中華の名店エレミアでは、ディナーの配膳に「クリスマスローズ」の花が添えられていました。いただいて来ました。この花に慰められている日曜日です。

2016.03.13 柳沢京子

2016.03.04

さくら国際の卒業式

4月3日、4日で、いくつもの卒業証書授与式が終わりました。毎年ながら、この感動は心を豊かにしてくれます。その自分の心に得た充実感と裏腹に、荒波の社会に巣立っていく生徒たちの前途を思うとき、こういう社会にしてあることは、この生徒たちにとって、どうなんだろう。もっと、やるべきことがあったのではないのか、など複雑な心境に、今日もなりました。18歳の君たちが、日本ではじめて選挙権を行使出来る権利を得たんだから、意識を持って、選挙に行って欲しい、という内容が、名誉校長から贈られた言葉でした。みんなで前向きに取り組み、よりよい日本を創ろうね、と私は誓いました。
校長式辞を今年も4度聞きました。その卒業する生徒に合わせて、話しをしてくださいます。自分が高校生になった気持で聞くことが出来ます。
今年のジーーンは、「楽は虚に出ず」でした。音楽を奏でてくれる楽器は、バイオリンも、ギターも、太鼓も、空っぽです。しかし、それらが、私たちに与えてくれる心への響きのエネルギーは、どれほど大きいでしょうか。空を音に奏でる力がすごい。この響きを聴くことで、望みは拡がりますし、心底いやされます。楽しみを見いだす力を自ら創造せよ、と、私は受け止めさせてもらいました。
皆さまご卒業おめでとうございました。

2016.03.04 柳沢京子

2016.02.14

灯明まつりの灯り絵

13回目を迎えた灯明まつりも、最終日になりました。駅前に展示された大行灯は、今日はヴァレンタインデーなので、ピンクの灯りを点していただくことになります。
暖かい冬の日になり、多くの方が、夕方からの散策に出向いて下さり、感激しました。
小学生が、カッターを使えるようになるのは、良いことだと思っています。鉛筆などと違い,前にしか切れません、それが理解出来ると、急に視界が開けるのです。
危ないことも、注意して使えば「頭とはさみは使いよう」の例え通り、人生で不可欠な技になります。ご要望あらば、指導のお手伝いしますのでお申し付けください。
孫が胎教の時代から、7歳まで、きりえ教室にいて小学1年生。やっとカッター解禁になりました。そこでキッズ部門で、灯り絵を作りました。カッターの使い方は、上級。
夢でおさるさんに会い、雪だるまをつくりました、という絵で参加しました。

2016.02.14 柳沢京子

2016.02.13

大行灯がピンクの灯りに

駅前に展示となった大行灯が、今夜からピンクの灯りになりました。
陽気も暖かく、こころも暖まる気がします。
この仏さまのような合掌の図は、モデル4歳の孫の手です。2歳の頃は、両手が合わさりませんでしたが、今は、力が籠るようになりました。
学生のころから、仏さまの手は、自分の手とは程遠いなあ、と憧れて拝んできました。いま、実際にあったんだなあ、としみじみその手に魅入って、創っています。5歳には、どういう風に育っていくのか、楽しみです。

2016.02.13 柳沢京子

2016.01.26

志賀高原ロマン美術館に感謝します。

たいへん良い空間を有した美術館に、展示をさせていただきました。無事に会期を終えました。ご来場いただきました皆さまに、心から御礼を申し上げます。備え付けの見事な展示ケースに従わせていただくために、思いがけない作品群が、うちの倉庫から、陽の目を見ました。それが「きりえ」の奥行きを見ていただくチャンスにもなりました。良い機会をいただきました山ノ内町さん、ありがとうございました。
「きりえ」は引き算の美術手法なので、真っ白なキャンバスに描き込んでいく手法とは異なり、シンプルにしていく「デザイン」と言えます。
2月6日からは、長野市の中央通りから善光寺さん界隈で、灯明まつりがはじまります。この灯り絵は、きりえに灯りが後ろから点っています。さあ、寒中の祭典で灯りが照らす多くのきりえをお楽しみください。私の今年の大行灯は「いのちを守る」というテーマ。日野原重明先生、中澤弘行、学父子先生の手の肖像を刻ませていただきました。駅前に展示になります。ほどほどの雪に期待しつつ・・・・。

2016.01.26 柳沢京子

前のページへ戻る

build by phk-imgdiary Ver.1.22